頂上への道のり

BPグランプリ優勝までの道のり 予選の熱き戦いをレポートします。第ニ回のBPグランプリを制するのは誰だ!?

2014年6月14日

地区2次予選[中国・四国ブロック]

開催日:6月14日(土)

会場:岡山科学技術専門学校・高柳校舎(岡山県岡山市)

6月14日、中国・四国ブロックの2次予選大会が岡山科学技術専門学校・高柳校舎で開催された。開会式では、岡山県自動車車体整備協同組合の岸上弘理事長が「岡山県は自動車の発祥の地。伝統あるこの地で大会が開催されることをうれしく思う。出場者の皆さんは、決勝大会進出を目指してがんばってほしい」とあいさつ。
当日は、鈑金10人、塗装10人、見積り8人の計28人が出場。天候に恵まれ、多くの見学者が競技を見守る中、実技と筆記で、知識と技術を競い合った。

競技終了後、審査委員長の永縄俊裕氏は実技課題の結果はすべて素晴らしいものであったと感想を述べた上で、「鈑金部門ではプレスラインの凹みを、塗装部門では調色作業をもう少し時間をかけ、ていねいに仕上げることを意識してもらい、見積り部門では作成した見積りの意味を相手に分かりやすく説明する心がけを今後の課題としてほしい。今日の出来は、誰よりも自分が一番理解しているはず。明日への糧とし、より一層、良い仕事をしてもらいたい」と各部門を総評した。その後に表彰式が執り行われ、3人の決勝大会進出者が決定し、閉会した。

鈑金部門

順位 名前 会社名
第1位 田中雄一郎
(敬称略、以下同)
落合鈑金塗装(岡山県真庭市)
コメント:経験年数が浅く、1位を獲れると思ってもいなかったのでビックリしている。練習に協力してもらった会社に感謝したい。
第2位 木原洋介 オービットカラーズ(鳥取県鳥取市)
第3位 曽我祐介 個人参加(高知県宿毛市)
◆鈑金部門出場者(ゼッケン番号順)
岡井良太 ヤナセオートシステムズ BPセンター岡山(岡山県岡山市)
鍋島和司 森岡ボデー(広島県三次市)
金子雅哉 野村自動車(広島県広島市)
青木優也 ヤナセオートシステムズ BPセンター岡山(岡山県岡山市)
松本幸二 日産プリンス広島販売(広島県廿日市市)
川本弘 ネッツトヨタ山陰 ネッツテクノセンター米子(鳥取県米子市)
下田剛 相生自動車(広島県広島市)

塗装部門

順位 名前 会社名
第1位 吉村宏
(敬称略、以下同)
山陰ボデー(山口県萩市)
コメント:緊張のあまり手際よく作業ができなかったので、自信は無かった。この経験を活かして、決勝大会ではがんばりたい。
第2位 西村隆男 山陰ボデー(山口県萩市)
第3位 池田展久 池田自動車鈑金塗装(広島県福山市)
◆塗装部門出場者(ゼッケン番号順)
西郷隆裕 ヤナセオートシステムズ BPセンター岡山(岡山県岡山市)
宮本靖士 カーメイク・ミヤモト(広島県府中市)
田林良昌 BPサービス田林(岡山県笠岡市)
岡屋典幸 TAMARU(山口県山口市)
松下隆文 日産プリンス広島販売(広島県廿日市市)
富岡大輔 ヤナセオートシステムズ BPセンター岡山(岡山県岡山市)
高藤軌晋 オービットカラーズ(鳥取県鳥取市)

見積り部門

順位 名前 会社名
第1位 戸松美和
(敬称略、以下同)
山陰ボデー(山口県萩市)
コメント:チャンスをくれた会社を含め、関係者一同に感謝したい。高い志を持って、少しでも業界発展に貢献できればと思う。
第2位 吉本達彦 相生自動車(広島県広島市)
第3位 武田稔 21自動車(岡山県倉敷市)
◆見積り部門出場者(ゼッケン番号順)
宮本美和 カーメイク・ミヤモト(広島県府中市)
岸功 IKカンパニー(岡山県岡山市)
田林敬子 BPサービス田林(岡山県笠岡市)
新家義晴 相生自動車(広島県広島市)
松藤圭吾 ヤナセオートシステムズ 中国コントロールセンター(岡山県岡山市)