頂上への道のり

BPグランプリ優勝までの道のり 予選の熱き戦いをレポートします。第三回のBPグランプリを制するのは誰だ!?

2016年7月10日(日)

地区2次予選[九州・沖縄ブロック]

開催日:7月10日(日)
会場:久留米自動車工科大学校(福岡県八女郡)
久留米自動車工科大学校
7月10日、久留米自動車工科大学校で九州・沖縄ブロックの地区2次予選大会が開催された。開会式の挨拶に立った日本自動車車体整備協同組合連合会・九州連絡協議会の有村則男会長は、「ここに集まった30人が2次予選に進出したのは、皆さんの日ごろの努力の賜物。決勝大会のチャンピオンがこの九州・沖縄ブロックから誕生することを願っている」と選手を激励した。


4月14日以降に発生した平成28 年熊本地震の影響により、当初予定されていた5月28日から1ヵ月半遅れての開催となったが、競技には鈑金・塗装・見積りとも10人ずつが参加した。

鈑金競技ではそれぞれが独自のツール・技法を用いて凹みや傷を修正。塗装競技は、特に水性塗料を使用する選手には極めて過酷な高温多湿の作業環境下ながら、多くの選手が約20分で調色からクリヤー吹き付けまでを終え、200人超の来場者を魅了した。見積り競技の接客ロープレには大勢の来場者が詰めかけ、日ごろの業務で培った接客技術を緊張で損なうことなく修理内容を説明できるかが明暗を分けた。

鈑金部門

コメント「前回決勝大会で優勝できなかったことのリベンジを果たしたいと思っているが、その通過点である2次予選をクリアできて良かった」
●鈑金部門入賞者(敬称略)
順位 名前 会社名
第1位 江頭 良 窪田自動車(佐賀県鳥栖市)
第2位 広瀬 剛 熊本カーハイテクセンター協同組合(熊本県熊本市)
第3位 松尾 洋一 ヤナセオートシステムズ BPセンター福岡(福岡県福岡市)
●鈑金部門出場者(敬称略、ゼッケン番号順)
名前 会社名
有村 俊彦 マイカーボデー有村(鹿児島県日置市)
山口 幸二 人吉球磨自動車協業組合 B&Pセンター(熊本県球磨郡)
宮城 翔太 浦添自動車サービス(沖縄県糸満市)
久保田 光 西南自動車工業(福岡県糸島市)
福﨑 貴史 城島自動車(佐賀県伊万里市)
藤山 豪士 マイカーボデー有村(鹿児島県日置市)
野村 翔吾 九州マツダ(福岡県糟屋郡)

塗装部門

コメント「乾燥が難しく湿度も高い作業環境下への対策を講じるなど周囲のサポートが大きかった。決勝大会で優勝できるようトレーニングを積んでいきたい」
●塗装部門入賞者(敬称略)
順位 名前 会社名
第1位 仲山 聡一郎 ヤナセオートシステムズ BPセンター福岡(福岡県福岡市)
第2位 大崎 真一 九州マツダ(福岡県糟屋郡)
第3位 太田 敬二 ヤナセオートシステムズ BPセンター福岡(福岡県福岡市)
●塗装部門出場者(敬称略、ゼッケン番号順)
名前 会社名
平野 浩也 パワーオートボディー(熊本県上益城郡)
片岡 義博 ノーブル(大分県大分市)
田中 賢史 窪田自動車(佐賀県鳥栖市)
北川 大輔 森都自動車(熊本県熊本市)
溝上 亮 溝上車体(鹿児島県出水市)
萱島 直城 九州マツダ(大分県大分市)
千々岩 亮 翔栄自動車(佐賀県佐賀市)

見積り部門

コメント「見積りは時間が足りず、ロールプレイングは緊張し、1位は無理だと思っていたので驚いている。決勝大会では緊張せずに実力を発揮したい」
●見積り部門入賞者(敬称略)
順位 名前 会社名
第1位 寺﨑 勝人 福宝自動車(福岡県福岡市)
第2位 本園 巌 カーメイク本園(福岡県柳川市)
第3位 高嶋 博隆 九州マツダ(福岡県糟屋郡)
●見積り部門出場者(敬称略、ゼッケン番号順)
名前 会社名
城島 勝彦 城島自動車(佐賀県伊万里市)
島ノ江 亮太 カークリエイトフチノ(佐賀県佐賀市)
窪田 隆弘 窪田自動車(佐賀県鳥栖市)
渕野 隆彦 カークリエイトフチノ(佐賀県佐賀市)
碇常 明 有明鈑金塗装(佐賀県武雄市)
岸本 卓也 岸本ボディーサービス(沖縄県名護市)
島崎 功 島崎ボデー(長崎県佐世保市)

集合写真
地区2次予選の動画配信